文京区の幼稚園に関する補助金制度まとめ

子供の幼稚園入学となれば親としては「ようやくここまで成長したんだ!」とうれしい気持ちになりますよね?

ただ幼稚園に通わせるとなれば、経済的な負担もあります。

そんな不安を抱えている親御さんにぜひ知ってほしいのが、文京区が行っている幼稚園に関する補助金制度のことです。

今回は東京都文京区における幼稚園補助金制度について徹底解説!

補助金額や対象となる人の目安、また申請の方法などもまとめてわかりやすく紹介していきます。

1. 文京区の幼稚園入園補助金とは?

 

幼稚園には「国立幼稚園」「区立幼稚園」「私立幼稚園」があります。

入園料・保育料が安いのは区立幼稚園ですが、「私立小学校への入学を考えている」「独自の幼児教育を行っている私立幼稚園に通わせたい」という親御さんも多いです。

また「区立幼稚園を希望していたけれど応募に落ちてしまったから私立幼稚園に通わせる」というケースもあります。

ただ私立幼稚園に入園となれば、区立幼稚園と比べるとかなり高い入園料・保育料がかかります。

そこで文京区では私立幼稚園に子供を通わせる親御さんに対して経済的な負担を軽減するための補助金制度があります。

それが「幼稚園入園補助金」です。

1-1. 補助金額と対象区分

補助金を支給してもらうために最低限必要な条件

幼稚園の補助金を支給してもらうためには、最低限満たしていなければいけない条件があります。

まずこの補助金は文京区が行っているものですので「文京区に住民登録をしている(実際に文京区に住んでいる)」ということが前提条件になります。

また子どもを幼稚園に通わせている保護者に対してお金が支給されますので、園児と申請する保護者が同居していること(生計が一つであること)も重要です。

さらに「すでに(子どもが)幼稚園に在籍している」ということも重要になります。

この補助金は入園後に申請・支給となりますので、幼稚園に在籍していることが条件となります。

当然ですが「幼稚園に在籍していることが条件」となっているわけですから、すでに入園料と保育料を幼稚園に支払っていることも支給の条件となります。

ここまでが、文京区で行っている幼稚園補助金制度の基本的な支給条件となります。

入園料に対して支給される「入園補助金」

支給額は、入園児1人あたり3万円になります。

ですから入園料が5万円の幼稚園であれば、「入園料5万円―文京区からの補助金3万円=実費2万円」となります。

もしも入園料が3万円未満の場合は、入園料に応じて補助金が支給されます。

ちなみに文京区の入園補助金は「所得制限なし」となっています。

ですから私立幼稚園に入園させた場合は、補助金支給のための基本条件さえ満たしていれば全員支給対象となります。

1-2. 補助金の申請方法

申請書類は、お子さんが通っている幼稚園から配布されます。

配布される時期は6月ごろになります。

申請の締め切りは6月中旬とするのが通例となっています。

申請書に不備がない限り、入園補助金は7月末頃を目安に支給されます。

2. 文京区の就園奨励費補助金とは?

文京区では入園料に対する補助だけでなく、保育料に対する補助制度もあります。

保育料の補助としては、「就園奨励費補助金」「保護者負担軽減補助金」の二つがあります。

以下では、まず、「就園奨励費補助金」から説明します。

2-1. 補助金額と対象区分

対象区分は全部で7つに分かれています。

生活保護受給者の場合は第1子以降1人につき年30万8000円が支給されます。

ただしそれ以外の世帯の場合は、子供の人数によって支給額が変わってきます。

ただし、第1子、第2子などの数え方は、対象区分によって異なりますので、詳細については文京区のサイトをよく確認してください。

年収270万円以下の世帯

第1子の場合は年27万2000円が支給され、第2子の場合は年30万8000円が支給されます。

第3子以降は年30万8000円となります。

年収360万円以下の世帯

第1子の場合は年18万7200円が支給され、第2子の場合は年24万7000円が支給されます。

第3子以降は年30万8000円となります。

年収680万円以下の世帯

第1子の場合は年6万2200円が支給され、第2子の場合は年18万5000円が支給されます。

第3子以降は年30万8000円となります。

年収730万円以下の世帯

第1子の場合は支給の対象外になり、第2子からは年15万4000円が支給されます。

第3子以降は年30万8000円となります。

年収1000万円以下の世帯

第1子の場合は支給の対象外になり、第2子からは年15万4000円が支給されます。

第3子以降は年30万8000円となります。

2-2. 補助金の申請方法

申請する場合には、文京区のホームページより申請書類一覧をダウンロードします。

申請の締め切りは6月中旬頃とするのが通例です。

申請書を提出しても決定通知が手元に届くのは10月末頃になります。

この決定通知は「支給の該当者(お金が支給してもらえる人)」にも「支給の非該当者(お金の支給が受けられない人)」にも送られます。

なお申請が認められた場合は、補助金は10月末などに支給されます。

申請に必要な資料はこちらからダウンロードできます

https://www.city.bunkyo.lg.jp/kyoiku/kyoiku/gakko/kinder/hojokin.html

3. 文京区の保護者負担軽減補助金とは?

私立幼稚園の保育料に対する補助金には、「保護者負担軽減補助金」というものもあります。

この補助金も支給してもらうためにも指定の条件を満たしていることが必要です。

また申請書類を期日前までに提出し、後日「決定通知書」にて支給が認められた場合にお金は支払われます。

3-1. 補助金額と対象区分

生活保護世帯または年収270万円以下の世帯

第1子以降、年16万4400円が支給されます。

年収360万円以下の世帯

第1子の場合は年14万4000円となります。第2子以降は年16万4000円が支給されます。

年収680万円以下の世帯

第1子の場合は年13万2000円となります。第2子以降は年15万7200円となります。

年収730万円以下の世帯

第1子の場合は年11万8800円となります。第2子以降は年15万0000円となります。

年収1000万円以下の世帯

第1子以降年9万円となります。

2-2. 補助金の申請方法

申請する場合には、文京区のホームページより申請書類一覧をダウンロードします。

申請の締め切りは6月中旬頃とするのが通例です。

申請書を提出しても決定通知が手元に届くのは10月末頃になります。

この決定通知は「支給の該当者(お金が支給してもらえる人)」にも「支給の非該当者(お金の支給が受けられない人)」にも送られます。

なお申請が認められた場合は、補助金は10月末などに支給されます。

申請に必要な資料はこちらからダウンロードできます

https://www.city.bunkyo.lg.jp/kyoiku/kyoiku/gakko/kinder/hojokin.html

まとめ

文京区では少子化対策の一環として私立幼稚園の入園料・保育料に対する補助金制度があります。

こうしたお金を支給してもらうためには、決められた期日までに必要な申請書類を提出しなければいけません。

文京区の幼稚園補助金に関する情報は、公式ホームページの「子育て・教育」をクリックすると調べることが出来ます(2019年6月現在)。

気になる人はまずは情報をチェックするようにしてくださいね。